住宅ローン審査に落ちてしまった訳

こんなとき住宅ローン審査に通らない

インターネットで住宅ローン関係のことを調べてみると住宅ローン審査落ちたという人のコメントを目にします。 そういった人はどうして審査に落ちてしまったのか、理由というのは銀行側は教えてはくれませんが憶測でいうと色々と浮かび上がってきます。

まず、勤続年数です。 この勤続年数が一年未満の人はやはり審査も厳しくなってきますし、三年未満の人でもやや審査は厳しくなってくるかと思います。 また、勤務している会社の経営状態も関係してきます。他にも借金額及び返済比較や担保となる物件の評価額や多重ローン、頭金の有り無しも審査の対象になります。この中のどれかが原因となる住宅ローン審査落ちたという人も多いのではないでしょうか?

ちなみに過去のローンで完済しているものは住宅ローン審査の対象にはならないそうなので安心してください。 まずは借り入れなどをしている人はきちんと完済しないと、そのことが大きく審査に影響してくるのできちんと完済しておきましょう。

通常、住宅ローン審査落ちた際の理由として、車などのローンが関わってきますが、他にもクレジットやカードローンなども対象に入ってきます。 そのカードで延滞が2回以上連続して起きてしまった場合や転職の多い人などは住宅ローン審査が難しいとされています。 他にも消費者金融での借り入れをしていた過去があったり、ローンの残りなどがある場合にはまず審査には通らないでしょう。

だからといって多数の銀行に審査をし、落ちているとそういった情報というのは金融機関でまわっていってしまいます。 ですから、闇雲にいろいろな銀行に審査をしない方が良いでしょう。

大体、過去の個人情報が消えるまで5年か7年ぐらいは時間が必要になってきますので、それから再度、住宅ローンの審査をしてみてはいかがでしょうか? 住宅ローン審査に落ちてしまった原因にはさまざまなことがあげられていますので、まずは自分で心当たりのあるものから少しずつ解決してみてください。

車のローンがあるならば、まずはそれを支払い、キャッシュ残高があるならばそれを完済していきましょう。 そうやってローン審査に落ちてしまうような原因を解決していけば住宅ローン審査にも通過やすくなっていくと思います。 住宅購入というのは一生に一度の大きな買い物となっていくのですから慎重に、自分の現在の状況を見直し、それからローン審査をしていくのが懸命な判断だと思います。

 

 

住宅ローン審査落ちた場合の対策サイト

Copyright (C) 住宅ローン審査に落ちた!! All Rights Reserved